光の中にある色を調節しよう

アクリル板

一眼レフカメラを使いこなすことができれば最高の映像をフィルムに残すことができますが、ただ実際に利用すると初心者にとって難しい問題にぶつかります。その問題というのはベストな状態で撮影した映像が、実際に現像してみると色の配色がおかしいということです。なぜこのようなことが起きるのか、それは鏡を使って光を集約する部分が関係しています。目視で確認できる光は透明に感じますが、実は虹色を代表するように赤や青そして緑などいろいろな色が混ざり合っていることで最終的に透明に見えてしまうからくりです。目視の場合には脳みそが色の配分を調節してくれますが、カメラでは配分を調節できないので例えば白色の風景を映したはずが青く見えてしまうという状態になります。プロのカメラマンも一眼レフカメラを使うときに影響がありますが、ただアマチュアが写した写真よりも影響が少ないことがわかります。その理由としてはカメラの光を自分で調節しつつ、レンズに色補正フィルターを付けているからです。色補正フィルターは光の中にある入りを判別し、その色が突出しないようにバランスをとってくれる役目を持ちます。撮影する対象に合わせてフィルターを装着することで、光の中にある色を気にせずにきれいな映像を撮影することが可能になります。

状況によって使い分けることが重要

アクリル板

突出した色の配分を調節してくれる色補正フィルターですが、利用する上での注意点としては状況によって使い分けることです。この色補正フィルターには抑えてくれる色の種類だけでなく、室内と室外用と分けられています。もし室内で撮影用の色補正フィルターを室外で使ってしまった場合、抑えてくれる光の種類が違うので撮影した映像の色がおかしくなってしまうだけでなくレンズにも悪影響が出てしまう恐れがあります。そのため事前に室内用と質概要を区別するだけでなく、光のどの色を調節してくれるのか調べることが重要です。そしてもうひとつ色補正フィルターを使う上で注意してほしいのは、被写体を写すときにカメラに装着することが絶対の正解とは限らないことを忘れてはいけないことです。プロの写真家でも実際に被写体を写す時には、この色補正フィルターをあえて外してから撮影する場合もあります。その理由としては映した映像の質は、ベストなタイミングで撮影しただけでなく脳が処理する色の映像も要素になっているからです。そのためあえて使わずに撮影することによって、補正したのでは得られない新しい魅力を生み出せるためです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中