HOME>オススメ情報>フィルターごとの効果を確認し適した形で使おう
アクリル板

何のために使うのか

色補正フィルターとは、可視域である青や赤そして緑の部分の色光を調整するために使われるフィルターです。フィルターを使うことで赤などの色を吸収し、見え方に差が出る仕組みです。実際に使う色補正フィルターの種類によって、見え方や得られる効果には差が出ます。ホワイトバランスの調整などの効果を得たい場合には、利用を検討していきましょう。またフィルターには、異なる形やサイズのものが市販されています。まずはフィルターにはどのような種類があるのか把握し、目的に合わせて使うものを選択することが大切です。使うカメラの種類や被写体、誰にどのように感じてほしい写真かなどの点を総合的に判断してより良い形で色補正フィルターを使っていきましょう。

どのような効果が得られるか

色補正フィルターを使う場合には、どのようなシチュエーションに適した種類があるのか把握しておきましょう。例えばフィルムを室内電灯光源で使うときに適した種類もあれば、朝夕の赤みの強い光を抑えて自然な色調に仕上げるのに適したフィルターもあります。また太陽の下で使うときに向いているものや、日陰や曇りの日でも自然な色に変えるための色補正フィルターも見られます。このようにシチュエーション別に使い分けられるので、天気などの状況に合わせて色補正フィルターを使っていきましょう。

広告募集中