HOME>トピックス>カメラの機能を活用してみることでのメリット

色が織りなす温度へのアプローチ

色見本

色が持つ温度は、本当に炎だったり、星雲の星の温度だったりと、本当に持つ温度があったりするのですが、被写体の持つ色をそのままその持つ色で現せるようにということで使われているのが色補正フィルターです。カメラや映像機器によく使われていますが、映像機器の場合、赤外光と近赤外光部を選択的に吸収するフィルターです。撮影の像の感度補正、露出計感度補正に用いられます。

カメラのストロボの忘れられている機能

色見本

被写体を明るく写すストロボなのですが、実は、色を持っていることを忘れられていることが多い部品です。ストロボを使う光とストロボの色がズレると、この被写体は一体何ということになることも少なくありません。色補正フィルターの機能は、結構大切なのです。

ストロボのカラーフィルターを使った補正

色補正フィルターは、画像ディスプレイだけではなく、撮影する機材のストロボなどでもよく使用されているのです。その理由として、ストロボの光と環境の光の色が被ってしまうことが挙げられます。そこで、カラーフィルターを使って色ムラ解消をすることができるのです。

カラーフィルターを使ったストロボ

色被りが発生した場合、自然のままの写真なら良いかもしれませんが、これをカラーフィルターを使っていわゆる色補正フィルターで、色被りを解消することによって、より被写体の雰囲気を出しやすくなるといった、メリットがあるのです。

広告募集中